【読書感想文】般若「何者でもない」を買って読んでみた!

Pocket

 

結論を先に書こう。

般若の「何者でもない」は「面白い」がきっと読み手を選ぶ本だ。

 

俺の買った本の売上が般若の製作費になるかと思うと、

これは本当に読者冥利に尽きる。

読後にそんな感情を思わせてくれる、個人的には名著だった。

 

ヒップホップに興味もないし、ミュージシャンや最近の若者にも興味がない。

暑苦しい男の自伝なんて読む気にもならない。

そんな人は読まない方がいいだろう。

 

 

書籍「何者でもない」の簡単な概要

 

簡単に書くと般若というラッパーの今までの人生を書いた自伝だ。

ファンの方に怒られるかもしれないが、矢沢永吉の「成り上がり」みたいな感じ。

 

般若の苦悩やステップアップが書いてある。

時代背景も書いてあるので日本語のヒップホップ史的な意味合いもある。

 

般若は良い書き手なのだろう。

なかなか熱い内容で文章もうまいため、ぐっと引き込まれる。

 

ちなみに俺はラッパーとしての般若の音楽は聞かない。

好きでも嫌いでもない。興味がないジャンルだからだ。

そんな男の書評だ。

般若を知らないし、興味がない人への参考になるはずだ。

 

 

こんな人に「何者でもない」はお勧め

 

下記の人に「何者でもない」はお勧めだ。

 

・般若が好き

・日本語ラップが好き

・ヒップホップが好き

・何者かになりたい若者

・俺は頑張ってきたぞという中高年

・熱い男が好きな人

・長渕剛が好きな人

 

時折、長渕剛が出てくる。そしていい人なんだと理解できる。

 

 

「何者でもない」を読んだ感想

 

下記は本当に読書感想文だ。

興味がない人は飛ばしてくれ。

 

 

自分語りで恐縮だが、

俺も「何者かになりたい」と思っていた時期があり、

その若かった頃を思い出した。

 

若いが故のエネルギーがあり余り、

それをぶつける先が音楽でありライブだった。

 

俺はそれに区切りをつけて起業をするのだが、

般若も自分のレーベル(レコード会社)を設立し、

いわゆる社長のような立ち位置になっている。

 

俺はミュージシャンとして成功していないし諦めている。

また経営者として世間的な知名度も全くないので、

般若と比較するのも失礼に当たると思うが、

個人的には深く、とても深く共感できた。

 

音楽に限らずどんな業界でもそうだが、

「先人が切り開いてくれた道だ。」

と後進はたまに思い出し、感謝する必要もあるのではないか。

般若の行動力と苦悩、そしてまだ成功とは言い切れない現状。

ふとそんなことを思わせる。

 

般若にはこれからもどんどん自分の納得する音楽を作ってほしい。

 

俺の買った本の売上が般若の製作費になるかと思うと、

これは本当に読者冥利に尽きる。

読後にそんな感情を思わせてくれる、個人的には名著だった。

 

以上。