【読書感想文】「1日15分!自宅でドラム中毒」はドラマーは買うべし!

Pocket

結論を先に書く。
あなたが「自宅でドラム中毒」を買うか悩んでいるなら買ってもいいと思う。

ただし条件がある。「初心者ではないこと」だ。
8ビートを叩けない、というレベルであれば止めておいた方が無難だ。

中級ドラマーは買って損はしないはず

俺のレベルなど興味がないかもしれないが、俺はギリ中級者だ。
わかりやすくいうとブルーハーツはだいたい叩ける。

全くの素人から見たら「ドラマーだ!」と思われるかもしれないが、
同業者から見たらうまくないだろうというレベルだ。
そんなドラマーにはかなりお勧めだ。

既にプロやセミプロのドラマーに
「自宅でドラム中毒」が必要かどうかは俺にはわからん。
先に謝っておく。

それでは本題に入ろう。

「自宅でドラム中毒」の良い点

非常にわかりやすい。
1フレーズことに細かく分かれている。

音源を聞くと初めに「ゴールとなるフレーズ」を聞ける。
それに向かって少しずつステップアップしていく形だ。
ステップ1は簡単でステップが進むごとに少しずつ難しくなる。

仮につまずいてそのフレーズ自体が嫌になったとしても、
そこまでのステップで練習したことは無駄にならない。
それは素晴らしいことだと思う。

フレーズは30収録されている

フレーズがたくさん収録されている為、
今の自分では到底できそうにないものや興味がないものは飛ばせる。

飛ばしたとしても全部で30フレーズあるので
多くのドラマーにとっては有益な教科書になることは間違いない。

「自宅でドラム中毒」の悪い点

パッドだけだと限界がある。

「スネア・ハイハット・タムがないとできないよね?」
という練習が多い。

パッド1枚での練習もできるが、
この本の中の3割程度だと思った方が良いかもしれない。
期待しすぎるとがっかりするからな。

難しい技術が必要になるフレーズもある

俺みたいに「ダブルストロークなんてすぐには出来ない」というドラマーは、
その技術を習得してからでないとできないフレーズがいくつか出てくる。

レベルはみな違うが5~10フレーズは出てくる可能性がある。
まあ飛ばせばいいだろ、という考え方もある。

まとめ

悪い点を差し引いても買って損はしないはずだ。
ただし「あなたがドラムの練習をするのであれば」という条件付きだ。

練習しないのであればただの本だからな!

以上!