【買ってみた】『ドラム・パターン大事典326』は良書だった!

Pocket

結論を書こう。

『ドラム・パターン大事典326』は良書だ。

悩んでいるなら買っても後悔はしないはずだ。

 

ただ読む人を選ぶ可能性はある。

それを書いていく。

 

『ドラム・パターン大事典326』とはどんな内容なのか?

 

DVDがついている。

もちろんドラム譜もついている。

 

DVDを見ると、ただひたすら作者(プロドラマー)が

30秒程度でフレーズを叩いてくれている。

 

ド定番の8ビートからボサノバやサンバまで多種多様だ。

ドラムが好きな人はこれを見るだけでかなり面白いと思う。

そしてプロドラマーの凄さを認識できる。

 

この本の欠点

 

DVDなのでスタジオだと練習がしづらい。

音源がないためDVDプレーヤーかノートPCを持ち込む必要が出てくる。

ドラム譜が読めるという方は全然問題ないはず!

 

買っても後悔しないであろう人

 

『ドラム・パターン大事典326』を買っても後悔しないのは

大きく分けて下記の2つになる。

 

オリジナル曲をやるドラマー

 

とりあえず自分の枠が広がる。

今イメージしているオリジナル曲に合うフレーズは絶対に1つはあるはずだ。

なにせ326パターンもフレーズが入っているからね。

 

DTMなどでドラムのフレーズが必要な人

 

打ち込みで

「ドラムのフレーズはよくわからない」

と悩んでいる人も役に立つはずだ。

 

とりあえずオリジナル曲の制作でドラムのフレーズに関係している人は買いだ!

 

 

買ってもいらない可能性がある人

 

次に『ドラム・パターン大事典326』が不要な人を書いていく。

 

コピーバンドのドラマー

 

基本的に新しくフレーズを覚える必要はないと思う。

趣味で増やしたいなら良いが、コピーする曲に専念したい人は不要だ。

これを読んだからといって憧れのドラマーと同じにはなれない。

 

ドラムに関わることがないミュージシャン

 

ギターやベースなどのドラムをゼロから作る必要がない人は読まなくても困らない。

もしオリジナル曲を作っていて、ドラマーに叩いてほしいフレーズがあるのであれば、

ドラマーに指示するときにすごく楽になる。

ドラマーも理解できるし、ご自身もイメージが伝えやすくなる。

 

それ以外での必要性はあまりないので、

基本的にドラマー以外のプレイヤーは不要だと思う。

 

以上だ。

 

『ドラム・パターン大事典326』を買おうか悩んでいる人の参考になれば幸いだ!

では!