【失敗しない】通っている生徒が教えるドラム教室の選び方【必見】

Pocket

 

俺はあるドラム教室に通っている生徒だ。

よくあるドラム教室の先生が書いている選び方ではない。

皆さんと同じ目線で書いている。

 

 

結論を先に書こう。

 

ドラム教室の選び方は初めが肝心だ。

まずは体験レッスンへ行こう。それも何か所かだ。

 

その際に

「自分はこれができるようになりたいがどうやって指導してくれるか?」

をしっかり確認しよう。受け身は失敗する。

 

 

まずは体験レッスンに行く

 

まずは体験レッスンへ行こう。

時間を開けずに何ヵ所か行ってみることをお勧めする。

 

できれば1か月以内に何ヵ所か回ってみた方が良い。

理由は期間が開いてしまうと比較検討しづらいからだ。

忘れてしまう。

 

俺は1週間で2ヵ所行った。

初めてのドラム教室だったので2ヵ所行ってよかった。

理由は簡単。1ヵ所目の先生とは相性が微妙だったからだ。

 

 

「無料体験」にこだわるな

 

ドラム教室の限らず、無料体験を謳うところは多い。

あまり気にしない方がいいだろう。

 

俺は無料体験と有料体験のところへ行ったが、

有料体験のドラム教室に入会した。

 

無料にこだわりすぎると選択肢が狭まる。

実際の月謝はそこまでどこも変わらない。

 

そして先生もスタジオを借りたり、電車賃を払って来ている。

最低限の費用は払っておいても良いはずだ。

 

 

何を習得したいのかを具体的に伝える

 

ドラム教室の選び方で一番重要かもしれない。

「何を習得したいか」をしっかり伝えることだ。

 

極端かもしれないが、ジャズを習得したいのにロックのドラマーに習っても仕方ないだろう。

「ジャズを習得したい」と伝えるべきだし、

そのために何をどれくらいかけて教えてくれるのかをしっかり聞くべきだ。

 

多くの先生達が月謝で生活している。

こちらが期限や目的を持たないとダラダラと通うことになる。

生徒目線だとそれはあまり意味がない。

 

ドラムに限らずだと思うが、習った事を復習し身に着けていかなければ上達しない。

自分ではわからないことを聞いて教えてもらうのが教室だ。

 

 

ドラム教室の「選び方」は人それぞれ

 

俺は1ヵ所目は体験レッスンだけで止めた。

2ヵ所目の教室に決めた。

 

理由は簡単。

1ヵ所目の教え方が合わないと思ったから。

 

ダブルストロークを習いたくていったのだが、

ひたすら基本的なフォームの練習を1時間近くさせられた。

それで終わり。

 

体験で「合う」「合わない」を見極める

 

「毎回来るたびにこれをやってもらう」と遠回しに言われたので止めた。

正直、めちゃくちゃつまらなかった。

基本は重要だが家でできることを延々とやらされても仕方ない。

 

あとは先生の人柄。俺には合わないと感じた。

教室も仕方なく生活のためにやっているのだろう。

それはわかるが全面的に出すべきではない。

 

 

まとめ

 

ざっくりと書いたが、ドラム教室の体験は何ヵ所か行こう。

基本的に大手でも個人でも変わらないはず。

 

というか有名ドラマーの多くが大手の教室ではなく個人の先生(ドラマー)に師事している。

なので大手じゃなくて自分に合う先生にしっかり教えてもらった方がいいはず。